2010年03月11日

さわり

さわりUP


さて、今日は“さわり”について。
このさわりは三線にはなく、本土の三味線には必ずある装置。

写真のように、通常三味線というのは、上駒(三線でいうところの唄口、ギターでいうナット)から、1の糸(一番太い&低い糸)が外されている。これは、その先にある谷→山があり、この山の部分に糸が微妙に“触る”ように作られている。ここの部分をさわりという。このさわりにより、三味線の音色は、“ビヨーーーン”と共鳴した音になる。下の2の糸、3の糸を弾いても1の糸が微妙に共鳴していることで、三味線独特の音色が確立されることになる。ただし、このさわりは糸のテンション、すなわち調弦によって左右されてしまう。あまり、糸を張りすぎるとさわりが効かなくなる。

そのため、民謡等で使用される三味線は、歌い手の声の高低に応じて、三味線の調弦を変化させる必要があるため、糸のテンションの高低に影響を受けずに発明されたのが東さわり(あずまさわり)である。
東さわり表


上記の画像は津軽三味線の東さわり。上駒から1の糸が外されていないが、その代わりに、その先に四角い突起があり、これが糸に触って共鳴する。

東さわり裏


裏側には、このようにネジがあって、このネジを調整することにより、突起の高さを可変させることが出来る。東さわりについては、また別項にて。

このさわりのありなしが、楽器の構造的にはほとんど同じにも関わらず、三線と三味線の決定的な音色の違いとなっている。

このさわりは、1の糸の音から完全8度(オクターブ上)、完全4度(ド→ファ)、完全5度(ド→ソ)で共鳴する。つまり、オクターブなら、3の糸、4度なら本調子の2の糸、5度なら2上げの2の糸の音である。このことを利用して、津軽の演奏家等は、さわりの効き具合を聴きながら調弦を仕上げていくという技術もあるという。

この独特な“ビヨーーーーーーン”というさわりの音。
そもそも、三味線の祖先である三線には付いていなかったものが、なぜ、本土に入ってきてから付いてしまったのか?これには諸説が、

あって、まさに三味線の歴史を紐解く感じになるのだが、最も有力な説は、沖縄から伝来した当時、三味線は“琵琶”奏者によって主に演奏された。撥もあの銀杏型なのはその名残である。もうひとつが、このさわりで、雅楽でつかわれる以外の琵琶には、ギターでいうフレット(竹で作られる)の部分に、竹の皮等を挟みこんで、弦を共鳴させる。この“さわり”を好んだ琵琶奏者によって、三味線にも付けられたというのが有力な説。

西洋の楽器、特にバイオリンのような弦楽器に顕著だが、音の純化を求める傾向にあるが、東洋の楽器には、逆に“音の雑化”というか、雑音をも音楽にしてしまう、そういう音楽文化があるという。

インドのシタールという楽器。あの楽器も常に、“ビヨーーーーン”とか“ミヨーーーーン”という共鳴音が鳴り響いているが、共鳴だけのために張られる弦があったり、やはり、三味線や琵琶のようにさわりが付いていて、弾く弦のブリッジ寄り(三味線でいう駒、三線でいううま)に、やはり微妙に弦に触らせる装置がついている。

これを、インドのシタールでは、ジャワリ(jawari)と言い、実は、これが、このさわりという言葉の語源とする説がある。

ここからが、この語源について。単純に糸が触るからさわりという説もあるし、音が障っている=音に混じりけがあるというか、この漢字からの由来が唱えられる場合もある。

このへんが日本語の面白さで、結局はダブルミーニングというか、いろんな意味が込められていて、それにぴったり合う単語を見つけたんだと思う。長い歳月を経て。。。。日本人の知恵ですなあ!

さて、この“さわり”にまつわる派生した言葉も紹介したい。

よくみなさん、日常会話で出てくる言葉で、、、
「ちょっと、さわりだけでも話してよ。」とか
さわりだけ聴かせて」とか、耳にすることだろう。

これは、実は、日本語の間違った使い方で上位に必ずランクされる会話らしく、みなさんのほとんどが“最初の部分”だとか、“イントロ”というイメージがあることだろう。

本来は、このさわりという言葉は、義太夫節から派生した言葉で、曲の中の最も聴きどころ、つまりは、今風に言えば、サビの部分という意味で、つまりは、さわりだけというのは、本来曲の最も重要なサビの部分をというのが、本来の意味とされている。

義太夫の音楽も、伴奏には三味線が使われるわけで、おそらくこのさわりも、三味線のさわりが語源になっているのではないか、というところも容易に想像できる。おそらく、三味線のさわりの効いた最も三味線らしい音→曲の最も聴かせどころ、と言葉が派生していったのだと想像できる。

ところが、いろいろと調べると、この三味線のさわりそのものが語源になっている使われ方、さきほどの、「ちょっとさわりだけでも」という場合は、間違った使い方とされる、“最初の部分”、“イントロ”の部分という意味だという説が浮上してくる!!

三味線のさわりは1の糸、最初のつぼよりも前の音の部分(つまり開放弦の音)にあるから。。。。

要するに、どっちも正しい使い方!ということが、いろいろ調べると出てくるわけで。

なかなか興味深いところであるが、実際にこういう日常会話に、三味線の言葉が出てくるというのは、古の日本人に三味線が身近にあったという証しであることは、どうやら間違いなさそうである。。。

文責 BJ 古田将幸


shamipedia at 21:40コメント(0)トラックバック(0)   mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
沖縄三線通販の
lgo-ayahabiru_01.jpg


記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ