2011年05月12日

久々の三味ぺディア。今回は2つの項目をエントリーします。
まずは、鳩胸

三線も三味線も、その部位の名前にもこれまでもご紹介してきたとおり、人間の体の部位だったり、あるいは、天文的なものだったり、その多くが、身の回りの何かに例えられて名づけられており、まさに“いとをかし”である。

さて、その名の通り、この鳩胸
文字通り、鳩の胸に例えられて付けられているが、これも、沖縄の三線と、日本の三味線では、場所が違うので要注意!!

三線の野坂鳩胸



上記画像の通り、棹とチーガの接合部分の、棹が湾曲していく部位を指す。三線の場合、裏側のカーブの部分を“鳩胸”といい、表側は“野坂”という。
ところが、日本の三味線の場合、

三味線鳩胸・猿尾



なんと、逆になってしまう!!
表側を“鳩胸”といい、裏側は“猿尾”となる。

まさに、沖縄の人と本土の人とで、鳩の胸にみえる、その見え方が違うといえばそれまでだが、このように両者で名称の付け方に差異があるとは、面白いところである。


ここで、ややこしいのが、三線にも“猿尾”と呼ばれる部分があり、下記の画像。。。
三線猿尾



まさに、チーガから出ている棹のしっぽの部分である。
猿尾の項も参考に。。。

shamipedia at 22:11コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

2011年01月19日

この三味ペディア。ツイッターに通知されるように設定いたしました。今後とも皆様にご愛読いただきたく思います。

shamipedia at 15:06コメント(0)トラックバック(0)お知らせ  mixiチェック
唄口C


遅くなりましたが、みなさん明けましておめでとうございます。非常にじっとりと、ゆっくりとしたペースで書いております、この三味ペディア。。今年は、どんどん更新していけるように努力していきたいところです。

さて、今回のテーマは、上記画像の三線の矢印部分の唄口(ウタクチ)。三線に関連する、書籍・教則本によっては、“歌口”と表記する場合も。この部分は和洋問わず、ほとんどの弦楽器に共通して存在するパーツで、ギターやバイオリン等の場合はナットといわれる。三味線の場合は上駒(カミゴマ)
カラクイ(糸巻き)から渡される絃を、一旦この唄口が楽器から押し上げて、胴側のうま(駒)で絃を渡す。この間、絃は楽器本体(棹の面)と僅かながらも、均等な距離間を保ちながらも、全く触れることもなく唄口―うま間を、電線のように宙に浮いた状態で存在している。この均等な距離間が、左手の指で絃を押すことによる、音階の生成に大きく影響することになる。

多くの場合、唄口は写真のような白い、牛骨(ギュウコツ)が使用される。安価な楽器では、硬質な樹脂製のものが使われる場合がある。

この唄口に刻まれる糸道(絃をはめる溝)の刻み方は、作り手や、演奏者によってその深さはまちまちであるが、先ほど記述した通り、棹との微妙な距離間によって、“弾きやすさ”に大きく影響する部分であり、その意味では、こんなに小さな何気ないパーツではあるが、三線にとってはとても重要な部位である。



唄口A


おそらく、ほとんどの三線の場合、糸蔵(イトグラ)の両サイドの延長線上に、男絃(ウージル)と女絃(ミージル)の糸道が掘られており、その真ん中に中絃(ナカジル)の糸道が切られるはず。。。

しかしながら、私自身、10年以上数多くの三線を見てきているが、たまに、中絃の糸道が真ん中からズレている楽器も見かけている。ある意味、沖縄的な“テーゲー”な作りなのだろうと、最初期の頃は感じていたが、ある時そのズレ方に一定の規則性があることに気付いた。。。。

中絃の溝がズレている唄口の場合、そのほとんどが、男絃側の間隔の方が狭く、女絃側の間隔が広くあけられている場合が多い。

これは、弾きやすさを考慮すると、三線の勘所(チブドコロ)のほとんどが、中絃と女弦に集中しており、指を押さえるのがほとんど中絃と女絃の2本であるため、この2本の間隔を優先している間隔なのではないかと、勝手に解釈してしまっているが、三線にお詳しい皆さんは、なにかこの件についてご意見、ご教授おありでないだろうか?是非ともコメント等いただきたい。。。。

下記画像は、加工前後の唄口。右側の約3mm厚の牛骨を、個々の楽器に合わせて、紙やすり等で研磨して加工する。棹との接合にははめ込むだけで、接着剤等は一切使用しない。
唄口B



研磨する際に、骨が削れる独特のにおいが、何とも言えない。。。。

shamipedia at 15:02コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
沖縄三線通販の
lgo-ayahabiru_01.jpg


記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ