2012年02月23日

IMG_0472



今回は三線における重要な部品、【うま】。
三味線においては、【駒(こま)】。

役割はまったく一緒で、絃の振動を表皮に伝導させ、まさに音を発生させる。
西洋・東洋問わず、弦楽器には必ず存在する重要な装置。

楽器によって形状もまちまちだが、三線のそれは、絃を3本のせる梁の部分から両側に足が2本おろしている、シンプルなコの字型。

本来は、上記画像右から2番目の竹製のものが用いられるが、絃のテンションをもろに受け破損しやすいことから、右端の樹脂製のものも近年使われる。さらに、左側の黒木のものや、王冠状のものも用いられる。

足の皮との接地面の面積によって音量や音質が変化する。
一般に、接地面が少ないほど、高音域が鋭い音に、接地面が大きいほど、太く丸い音質になる。
意外と知られていないが、同じ楽器を用いて音質を変化させたい時には、うまを変えると有効な時がある。

また、男絃(ウージル)と女絃(ミージル)に関しては、直下に足が降りているため有利だが、足が降りていない中絃(ナカジル)にとっては、その鳴りにおいては不利といわれている。

なぜ、うまというのかはわからないが、本来【駒】という漢字・意味は馬のことであり、おそらく、この語源がそのまま伝わっているだけと思われる。

実は、このうまという言葉で、動物の意味ではない使われ方をするのに、お神輿の休憩所で、担ぎがれていない時におかれる台がある。

「おう、うま入れろ、うま入れろ」

お祭りの際にはよく飛び交う言葉である。

240

お神輿のうま



shamipedia at 22:22コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

2011年07月05日

木味(きあじ)という言葉も、主には三味線業界の独特な表現で、主に製造や販売に関わる人々の間で使われる。
文字通り、“木の味わい”のことで、主には棹等に表れる木目の出方などを判断する際、“この棹は木味がいい”等と会話で使われる。

木味

このように、トラ目上の木味を「トチ(木ヘンに目)」と呼ばれ、非常に高い価格が付けられることが多い!

shamipedia at 19:40コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

2011年05月12日

三線猿尾



鳩胸の項も参考にされたし。

三線において、“猿尾”は上記の通り、チーガから出ている棹のしっぽの部分。ここを猿尾と呼ぶ。

ところが、日本の三味線においては、下記の画像の部分を猿尾という。

三味線鳩胸・猿尾



三味線の猿尾にあたる部位を、沖縄の三線では、鳩胸という。

ここいらあたり、沖縄と本土で、感性の違いが出て面白い。。

中子先


ちなみに、三味線のこの部分は、中子先(ナカゴサキ)という。
中子については、また次回に!!

shamipedia at 23:08コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
沖縄三線通販の
lgo-ayahabiru_01.jpg


記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ